眼科部長の独り言(赤塚クリニック)

アクセスカウンタ

zoom RSS No.611 目やにの訴えの半分は治療不要なんですよー

<<   作成日時 : 2016/10/24 11:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

眼科で日常診療してますと、良くある訴えのひとつが「目やにがでる」です。

何年も眼科の診療を続け、そう言う患者さんの話を良く聞き、所見を診てきて
解った事は、その患者さんの約半数は治療不要な状態だと言う事です

画像

(今回の独り言は文章だけなのですが、なんだか寂しいので内容とは
関係のない画像UPして見ました。製薬会社さんからもらった時計です)

もっとも良くあるのは、朝おきたら目やにが付いています・・・

私からの質問「起きて顔を洗いますよね。その後もまだ目やにには出ますか」

いいえ・・・その後は出ませんという方が約半分なのです。

これは、たとえば風呂に入って体を洗った後は、さっぱりしてるけど
1日もたつと、なんだか体がべたつきますと言ってる様な話です。

この状況で、風呂に入って体を洗わなくてもべたつかない様に外用薬を
処方しましょうと言ったらアホかという話ですよね。

でも、顔を洗ったらその後は出ない目やになら、点眼薬は不要で気になったら
顔を洗って下さいと言うと、不満そうにする方が少なく無いんですね(^^;

睡眠中は涙腺もお休みで涙もでなくなって水分は減ります。
その状況で涙の中の蛋白成分や粘液成分が固まっただけのことです。

もちろん感染性の結膜炎での目やには抗菌点眼薬などで治療します。
感染性の場合には、顔を洗っても直ぐに目やにが湧いてきますので
患者さんにも、ちがいはわかると思います。

あるいはドライアイで目やにが出ると感じてる方にはそれに対応した
点眼治療をしますけど、結膜炎やドライアイの方を含めても約半数の
患者さんは治療対象じゃないんですねー

2016.10.24 記





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
No.611 目やにの訴えの半分は治療不要なんですよー 眼科部長の独り言(赤塚クリニック)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる