眼科部長の独り言(赤塚クリニック)

アクセスカウンタ

zoom RSS No.428 とうとう新聞1面に救急撤退の記事が出ましたね

<<   作成日時 : 2008/01/14 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 5

昨年最後の独り言No.424 但馬の眼科医療体制について(含:救急対応)に、
救急体制が各地で崩壊している事についても書きましたが、とうとう今日の
朝日新聞朝刊の1面に救急撤退の記事が出ましたね。

これまでのマスコミは、医療機関や医師をたたくばかりでしたが、あちこちで
医療崩壊の実際を見る事の繰り返しで、とうとう国の医療費抑制策が問題だと
判ってきてそれを書くようになってきました。

実際に崩壊するまで、いくら医療提供側が限界だと言っても判ってくれなかった時代から
すこしずつ変わってきたようですね。しかし、何でもそうですが始まる前に予防した方が
良いのに、そう出来なかったのですから、進行中の医療崩壊はなかなか止められない
のではないかと思います。

今日の記事のコピーを参考までに引用いたします。このままでは見にくいので
画像をクリックして等倍でご覧下さい。(福岡版に比して段組がコマ切れで
すこしの行で下がっていて、切り張りしてからスキャンしたので画像いまいち)

画像


それにしてもこの様な記事を書くのでしたら、同じ新聞に(昨年も独り言に書いていますが)
救急搬送を○○病院が受け入れ拒否ではなく、受け入れ不可能だったという書き方にして
欲しいです。

追記:福岡の方が書いてるある記事を見て、地域によって表現がちがうことが判りました。
このちがいについても少し思うことを書きます。下にその画像を引用いたします。
同様にこのままでは見にくいのでクリックして等倍でご覧下さい。

画像


福岡版なので福岡について大きな文字で書くのは当然としてもタイトルがこちらでは
「救急中核病院2年で174減」ですがわが家に来た新聞では
「救急撤退235病院」となってました。本文では、どちらも救急を新たに始める病院もあって
撤退が235で増減では174減と判ります。
この様に同じ新聞でも表現のしかたがちがうのを見るのも面白いです。

私としては福岡版の方が増減して実際に減った救急病院の数を上げてるから
大見出しとしては、そちらの方が実態を表現するのにふさわしく思います。

さらに追記:
福岡の先生のご好意で福岡版の高解像度画像が手に入りましたので差し替えました。

そして2面にある救急過疎についての記事も頂けましたので追加で引用いたします。
同様にこのままでは見にくいので・・・・以下同文。

画像


この記事もやっと書くようになったなと思ってみてます。私が豊岡病院に勤務していた頃に
あまりに簡単なことで深夜に受診した患者にこんな時間にこんな事で来るなんてと言った
ある医師が、そのあと新聞でたたかれました。

良い先生でしたから、思わずほんとのことを言っただけだと想像できましたが新聞記事では
不安に思って来た患者は、医学の専門家でもないし、医師は冷たく言い放ったが軽症か
どうか素人の患者には判断できないのだ。いったい、何のための救急センターかなんて
書いてましたからねぇ・・・・時代は少しは変わってきてるのかなぁ

でも、少々マスコミの報道も遅きに失した感じに思うのですけど。

この記事にある夜間休日の軽症者からは8400円を徴収するというのは良いですね。

さらに書けば、救急車を軽症なのにお気楽に利用した場合にも、タクシー料金の何倍もの
金額を請求することが出来るようにして欲しいと思います。

2008.01.14 記 追記も同日 さらに追記 2008.01.15

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
No.203 老人の感覚、取りあえず行ってみようにびっくり
今日、草引きしていて眼にゴミが入って痛いとのことで、但東町から来た 老人の女性患者さんに言われた言葉を聞いて感覚のちがいにおどろきました。 ...続きを見る
院長の独り言(飯田眼科:出石町)
2008/02/06 01:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
国保、社保などを廃止して医療費はすべて100%自腹。
○△市消防本部などと言う組織も全て民営化して救急出動も、消防活動も全て有料化。火災現場、救急隊到着後の第一声は「見積もりしよか〜」
病院到着後は、診察前の見積もりを済ませた後で診療を受ける前に誓約書にサイン。サインの出来ない人は受入れお断り。
国家レベルでも法改正。医師の週40時間労働の徹底。深夜勤務の禁止。医師相手の裁判禁止。医師の各種税金の免除。国家によるイチロー並みの年収の保障。
そうすれば解決できるかも。
No-GooD
2008/01/15 23:57
No-GooDさんのコメントはちょっと無理なご意見かと。医療をすべて自費にしたら大変な国になりますよ。支払い可能な医療保険に入ってるか、あるいはクレジットカードの限度額はOKか等を確認してからでないとまともな医療を受けることが出来ない、そのアメリカでも火災の消火活動が有料と言うのはやってません。税金はかつてあった医師優遇税制までとは言いませんがもう少し下げて欲しいですが。イチロー並の年収ですかぁ・・・さすがに国家が破綻しますからこれも不可能ですねぇ。それに医師全員が週40時間労働の徹底をしたら確実に医療崩壊ですから解決とは考えられません。あまりに理不尽な刑事裁判を抑制することは有効と思えますので部分的には賛成です。
飯田眼科
2008/01/16 00:08
私の師匠も、「あえて」当直・救急に従事している医師が「診療拒否」という言葉で「心が折れる」ことを危惧する、と述べておりました。

本当にそのように思います。

診療が必要ではないと考えられた方には交通費などを実費(人件費など)負担とすべきだと思います。必要かどうかの判断が困難だったと思われる方には仕方がないと思いますが、タクシー代わり、ご自分だけの都合で時間外にわざわざ診療を受けに来られる方にはその分の負担が生じるのはやむを得ないと思いますから。

金額がいくらが妥当かは別にして、モノにはこれだけと決まった金額が払えるのだから、医療にも、人の手間にも決まった金額が支払われるのは当然です。問題はすでに、そのような、金銭面での保障だけでは何にもならないところまで来てしまった後だということです、そうですね?
甘党
2008/01/16 15:38
私1人で出来ることはこの様にblogに書いて少しでも今の医療の状況をみなさんに伝える事位しか無いのですね。マスコミがやっとこの様に書き始めた事で状況改善が出来る日が来たら良いと思いますが、少々手遅れかなと。
飯田眼科
2008/01/17 00:43
先生の書かれているように、新聞の見出しもマスコミの報道の仕方も、問題あるよなぁと思う事もありますが救急に来た軽い症状の患者さんの話はマスコミの考えに大賛成です。これって救急を経験した事のある医者と、救急に行く時の患者の気持ちにズレがあるってことですかね。あとNoーGooDさんの考えでは人口が激減しそうですね。
はるみ
2008/01/20 00:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
No.428 とうとう新聞1面に救急撤退の記事が出ましたね 眼科部長の独り言(赤塚クリニック)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる