眼科部長の独り言(赤塚クリニック)

アクセスカウンタ

zoom RSS No.426 ハイビジョンDIGA(DMR-XW300)使用レポート

<<   作成日時 : 2008/01/14 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

昨年末から気に入ったので2台購入して使用中のハイビジョンDIGAの話は
独り言No.421 わが家のハイビジョン機器の歴史に少し書きましたが、
その後わかったことが増えましたのでレポートを書いてみます。

前回書いたことに追記:青文字が前回の記載
雑誌の評価などではHEモードでは動きの激しいサッカー中継の録画ではざらつくとか
ノイズが目立つとか書いてますけど、私はまったく気になりません。


ふだん録画している番組には細かくかつランダムに動く画像が無かったこともあって
気になっていなかったことが判明しました。実際には昨年末の紅白歌合戦の終盤
HEモードで録画した石川さゆりの津軽海峡冬景色の部分は、紙吹雪が大量に舞ってる
状況ですけれど、かなりひどくブロックノイズがでて解像度もひどい状況でした。

まあ最も圧縮しにくい場面でこうなる事が判ったのがおもしろかったです。でも番組を
通してみる分にはそう気になりません。アップになった石川さゆりはちゃんと見えるし
音声は別に悪くないから、こういう物だと言う眼で見て納得という感じです。

なので:
元のDATAのままのDRモードでHDDに記録したものと、HEモードでDVD-R DLに
記録した物を比較しながら再生してみても、差を感じません

この話はほとんどの場合にはと言う但し書きが付くことになります。

それでも、ふだんは気がつかないほどの高度な圧縮技術を開発された方に拍手したい
と思います。たまっていた映画をこの3連休でやっと2本見ましたが、普通に見てる分には
やはり無数の紙吹雪がランダムに舞うような画面はまず無いのでやはり気になりません。

昨年末に神戸で見つけたマニアックな本を見てH.264(AVC)と言う技術で圧縮と言う事が
わかりました。体系的に学ぶ次世代DVDのしくみと言う本です。

なかなかマニアックですが従来からあるDVDとブルーレイ、HD DVDの事がよくわかりました。
でもかなり難しい話もあったので全部を理解できなかったです(^_^;)
この連休でやっと読了しました。久しぶりにまったく遠くに行かない3連休でこの様な時間も
幸せなひとときと思っています。

独り言No.421 わが家のハイビジョン機器の歴史に追加です:
昨年末に神戸で電気店に行ったときにまだ売れ残ってるD-VHSテープがありました。
その時の写真です。
画像

上の写真をクリックで等倍でご覧下さると価格がよく判ります。
DF-480テープがPanasonicで5040円、FUJIFILMで5230円ですね。しかしDF-420では
2600円、DF-360なら1120円と急に価格が下がるんですね。もうこれらのテープを買うことは
無いのですけど、これに比べたらDVD-R DLの価格が安くなったもんだなあと思うのです。

2008.01.14 記 追記も同日
体系的に学ぶ 次世代DVDのしくみ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
No.429 心理面から見るテレビ映画のCMの入れ方
心理面から見るテレビ映画のCMの入れ方とは、大げさなタイトルですね。 ...続きを見る
院長の独り言(飯田眼科:出石町)
2008/01/25 18:04
No.432 ハイビジョンDIGA(DMR-XW300)使用レポートPART2
以前の独り言No.426 ハイビジョンDIGA(DMR-XW300)使用レポートでは HEモードでもそんなに画質の悪化を感じることは無いことが多いと書きましたが 実際の画像を何とかみなさんに見てもらいたいと思って考えていました。 ...続きを見る
院長の独り言(飯田眼科:出石町)
2008/01/29 00:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
No.426 ハイビジョンDIGA(DMR-XW300)使用レポート 眼科部長の独り言(赤塚クリニック)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる