眼科部長の独り言(赤塚クリニック)

アクセスカウンタ

zoom RSS No.433 恒久的減税と暫定税率

<<   作成日時 : 2008/01/31 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日見た新聞で思わず、そうだって言ってしまった小さな囲み記事の話です。

国会はいま、ガソリン税でもめていますね。いま急に税金が少なくなったらそれを
前提に予算を組んでるので、混乱すると言う意見は、また諸外国に比して税金は
高くないという意見も、理解できなくも無いですが、やっぱりおかしいと思います。

根本的には、いつまでも暫定税率と言いながら続けてきた事が変だと思います。

そのことを皮肉ったコラムが、恒久的所得減税は直ぐに終わる。
故小渕総理が日本の景気がどん底だった時に、景気刺激策として恒久的な減税を
しますといって始まったものは、昨年で終わりました。

しかし暫定税率は30年でも続いているという話。
暫定と恒久的の言葉が逆じゃないって言いたくなるのは当然ですよねぇ

税の話が出たついでに、前にも書いたことをまた書き直します。

以前の独り言No.195 消費税の表示が変わるのは大増税の前触れでしょうね
書いた話を、みなさんに知って欲しいと思います。

住宅に課税する日本は消費税率は5%でヨーロッパ諸国に比べて低い税率だと国は
言ってます。でも、生涯を通じて支払う税額が住宅にも課税する日本の5%と
住宅には非課税のイギリスの消費税17.5%で同じになると言う事です。

消費税を増税する準備は、この様に2004年から国民が気がつかないようにしっかり
準備していて、昨今の医療崩壊だと言うような話に関連して、消費税は医療福祉の
ために仕方ないから増税しましょうと、うまく世論調整をはじめました。

公共事業にむかしお金を使いすぎて悪化した国家財政を医療費抑制でなんとか
しようとしてるのがこの国です。そのお話はこちらの本田宏先生のブログに詳しく
書かれていますのでご覧下さい。

2008.01.31 記

上記を書き終わってから見てますとうってつけのNEWSが出ていましたので紹介します

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000116-san-pol
上記のような本日のNEWSもそう言う眼で見て行かなくてはダメだなぁと思います。

以下NEWS記事をコピーしてお見せします。以下の青文字がコピーです

社会保障国民会議・吉川座長に聞く 負担をどう組み合わせるか議論
1月31日8時1分配信 産経新聞

 29日に発足した政府の「社会保障国民会議」の座長に就任した吉川洋東大大学院教授は30日、産経新聞のインタビューに応じた。社会保障費の財源として消費税率の引き上げは不可避が持論の吉川氏。国民会議では消費税にまで踏み込んだ議論はしないとしながらも、「保険料と税、自己負担の比率をどう組み合わせるかは議論になる」と述べ、税の比率を高める方向で議論が進むとの見通しを示した。また、社会保障番号制導入の是非も検討課題にあがると述べた。(聞き手 今村義丈)                   ◇

 一問一答は次の通り。

 −−なぜ国民会議が必要か

 「社会保障制度がこのままでいいと思っている人はいない。改革をしなくてはいけない。国民全員が影響を受ける」

 −−ポイントは

 「給付と負担の関係が複雑で、問題の所在が共有されていない。改革の前提として問題の所在を明らかにし、改革案のメリット、デメリットを示したい。選択のための材料が私たちの報告書だと思う」

 −年金改革で政府は平成16年に国庫負担を引き上げる「100年安心プラン」をまとめたが、早くも破綻(はたん)しているか

 「制度と運用の面で整理しないといけない。保険料をどこまで徴収できるかという運用面の問題がある。制度上も、このままだと回らなくなる可能性はある」

 −−民主党は、高額所得者への基礎年金の給付を制限する立場だ

 「一つの考えではある。所得のあるお年寄りは年金を所得として合算し、所得税を支払ってもらうのも方法だ」

 −−消費税の議論はどうなるか。保険料方式には限界があり、消費税率引き上げは必要との立場だったが

 「いろんな意味で本命は消費税だとは言ってきた。負担は保険料、税、医療や介護での自己負担の3つ。どう組み合わせればいいかが議論だ」

 −−「消費税」とまでは言わないと

 「どの税を充てるかは、政府や党の税制調査会での議論だ」

 −社会保障番号制度は

 「同制度はあった方がいい。導入されたら高額医療への還付制度もスムーズにいく。議論してもいいのではないか」

 −−民主党は会議に参加しないが、小沢一郎代表が党首だった旧自由党は、基礎年金と高齢者医療、介護は消費税でと提言していた

 「民主党としても、基礎年金のために消費税率を上げると提言したことがあった。社会保障制度を維持するため、消費税を上げるとの考えは多くなったのではないか。二大政党制になっても、この問題で大枠の合意がないと大変なことになる」

【関連記事】
首相そっちのけ国会…自民と民主が批判合戦
福田首相「正直言って困っている」 ブリッジ法案
民主「ガソリン値下げ隊」通路ふさぎ激しく抗議
ブリッジ法案「われ関せず」 福田首相、問責を警戒?
「消費税上げ」どこまで? 社会保障国民会議が初会合 年金制度と財源、焦点

最終更新:1月31日8時43分




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
No.433 恒久的減税と暫定税率 眼科部長の独り言(赤塚クリニック)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる